人妻の援交女

人妻 男たちは、なぜ「人妻」という存在に欲情してしまうのでしょう。
定義上、彼女たちはすでに結婚しています。そして伴侶と毎日、夜をともにしています。きっと夜な夜な旦那といやらしく絡まりあっているんだろうな、と理由はわかりませんが人妻に対する想像は、セックス周辺に集中してしまうのです。

そしてイメージ上の人妻は、必ず感度がよく、昼間とは打って変わり大胆で、セックスがお上手です。そういう連想が幾重にも絡み合った結果、「ああ、エッチな人妻と一度でもいいからお相手したい」「旦那の知らないところで、人妻に痴態を演じさせたい」と、まあ、そんな劣情にかられてしまうわけです。

彼女(写真、33才)はとても美しい人妻でした。小柄で色が白く、身体全体の線が柔らかい。

私が通勤途中に車で通りかかる公園の前に、彼女は毎日立っていました。幼稚園児の息子とともに、そこで送迎バスを待っていたのです。

私は彼女を勝手に「ミチルさん」と命名し、彼女の姿を目にするたびに、破廉恥きまわりない妄想にふけったものでした。もちろん、それが現実になるなんて思ったこともありません。

なにしろ私は今年41才で、チビで、ハゲで、短小で、彼女は人妻で、よき母親であり、そのうえとても美しい女性なのです。

相手にされるはずもなければ、そもそも出会うための接点がありません。
(だって車の中から見かけるだけなんですから)

ところがひと月ほどまえ、奇跡のような出来事が起こりました。出会い系のプロフをチェックしていたときのことです。どこなく援交をほのめかしている人妻に目が留まり、メールを送信しました。

それからメアド交換、アポ取りと話はとんとん拍子に進み、翌週には馬車道の喫茶店でそのお相手と待ち合わせました。少し遅れてそこにやってきたのは、見間違うはずもありません。
なんとあの「ミチルさん」でした。こんなことが起こりうるのでしょうか。私は激しく狼狽しました。

しかし、当のミチルさんは私のことなど知る由もありません。すっかり舞い上がった私に、可愛い声で「会っていられる時間は夕刻までしかないんです」と告げてきました。

援助交際 

私は条件反射のように彼女を治療室に誘いました。
(この日は土曜日で治療室は休診していたのです)

いったい一児の母でもある美しいミチルさんがなぜ援交などしているのか。結局、そのことは聞きませんでした。なんとなく聞くだけ野暮のような気がしたのです。

彼女の裸体は私が想像してたよりずっと綺麗でした。私のマッサージに反応して、繊細な陰毛が愛液で生々しく濡れていました。

そして淡い桜色をしたマンコはほどよく熟れていました。今でも、あの公園の前を通りかかると、時折ミチルさんをみかけます。

しかし、どうしても私の下で激しく喘いでいたミチルさんと母である彼女の姿が一致しません。治療室で起こった出来事はまるで少年の頃にみた性夢のような体験でした。

icon 最新の管理人の記事はコチラです

女性に人気の愛人募集サイト一覧

上記のサイトは今でも女性が多いサイトです。業者と呼ばれた援デリなんかも減っていて素人が多くLINEのID交換なんかもたやすくできます。 初回は登録特典で2000円分ほどポイントがもらえます。LINEのIDを交換すればタダで話せるのでオススメですよ!!
YYCのサイトの攻略法はコチラで解説してます!

最近の記事一覧

更新情報履歴

2014.03.26 一晩限りで愛人と遊ぶ方法
2013.09.08 愛人探しの丸秘テクニック
2012.11.06 愛人の掟を追加
2011.10.06 スマートフォンでイケる攻略法
2011.09.11 生保レディの女をハメ撮り!
2011.06.24 知り合いにサイトのデザインを変更してもらいました
2011.05.14 指テクでセフレ関係を継続させる方法